予防・歯周病治療

虫歯ゼロを目指して

以前は、歯が痛くなったら歯医者さんに行くという考え方が普通でしたが、今は虫歯や歯周病にならないために予防目的で通う方が増えています。
いしわたファミリー歯科クリニックでは、口腔内の環境を常に良い状態に保ち、健康な歯を守る取り組みをしています。定期的にご来院いただき、その度にクリーニングや歯磨きの指導を行い、さらに早期発見・早期治療のために異常がないかどうかをチェックします。歯を守りたい、歯磨きをしていても虫歯になってしまう、歯の健康状態が気になる…そんな方は、予防歯科を始めるようにしましょう。

予防歯科で行うこと

予防歯科では、まず定期検診にお越しいただき、クリーニングでお口の中の汚れや歯石をきれいにお掃除します。そして、虫歯や歯周病がないかを確認し、磨き残しがあるところも確認して歯磨きの指導を実施します。

また、お子様が来られた際には、本人の歯磨き指導だけでなく親御様向けの仕上げ磨き指導も行っています。奥歯の溝を塞いで虫歯を予防するシーラントや、歯を丈夫にするフッ素塗布なども実施していますので、お子様もご一緒にお越しください。

クリーニング(PMTC)

歯科クリニックで行う専門的な歯のお掃除のことを、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)と言います。歯磨きだけでは取りきれない歯周ポケットの中のプラークをブラシやシリコンカップで取り除き、最終的につるつるに磨いて仕上げます。細菌がバイオフィルムという塊になると歯磨きではなかなか取れないのですが、PMTCであればそれを破壊して除去できます。

予防歯科を受けるメリット

歯は、悪くなってから治療を受けるのではなく、予防を続けておくことで様々なメリットがあります。お口の中の健康を守るために、正しい歯磨きを身につけ、定期検診とクリーニングも欠かさないようにしましょう。

虫歯や歯周病を防ぐ

お口の中をきれいにお掃除して、定期的に検診を受けておくことで、自分の歯を長く保つことができます。

 

痛みや経済的な負担を抑えられる

症状が悪化すると、痛みで苦しむようになり、治療のための経済的な負担も大きくなってしまいます。

 

気持ちが良い

お口の中をいつも清潔にするのは気持ちが良いことです。特に医院でのクリーニング後は、とてもスッキリします。

虫歯や歯周病を防ぐ

お口の中をきれいにお掃除して、定期的に検診を受けておくことで、自分の歯を長く保つことができます。

痛みや経済的な負担を抑えられる

症状が悪化すると、痛みで苦しむようになり、治療のための経済的な負担も大きくなってしまいます。

気持ちが良い

お口の中をいつも清潔にするのは気持ちが良いことです。特に医院でのクリーニング後は、とてもスッキリします。

歯周病から歯を守る

日本人の成人は、およそ80%以上が歯周病になっていると言われており、特に40代以上の感染率が高くなっています。
歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどなく、本人も気が付かないまま進行していくことがほとんどです。歯茎が腫れて出血する頃には既にかなり進行しており、手遅れになってしまっている場合もありますので、大人になったら常に歯周病ケアを行う必要があります。

歯に汚れが溜まると、それがプラークと呼ばれる除去しにくい塊になり、それが固くなって歯石になります。これが歯周ポケット(歯と歯茎の間)にできると、ポケットがどんどん深くなっていき、さらに奥に汚れが溜まって…という悪循環が生じます。そして歯周ポケットの中では歯周病菌が増殖して歯茎が炎症し、さらに進行すると歯根膜(歯の根っこを覆っている膜)や歯槽骨(歯を支えている骨)まで破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

すべての治療に、歯周病ケアを

歯周病は、歯を支えている土台を壊してしまう病気です。
歯に対してどんなに良い治療をしても、その土台が崩れてしまっては意味がありません。そのため、いしわたファミリー歯科クリニックでは、どのような治療を行う時でも、まずは歯周病を治すところから始めるようにしています。例えば、歯周病にも虫歯にもなっている箇所があった場合、まずは歯周病治療をして歯茎を健康な状態にしてから、虫歯の詰め物や被せ物を入れることになります。

もし先に詰め物・被せ物を入れたらどうなるでしょうか。
一見良くなったように見えますが、歯周病が進行していき骨が溶けて歯を支えられなくなって、抜け落ちてしまうことになります。ですから、治療前には歯周ポケットの深さを確認する、歯石を除去する、プラークを取り除く…といったことを行い、歯茎を引き締める必要があるのです。ただし、それまで虫歯を放置しておくというわけではありません。必要に応じて処置は行いますのでご安心ください。

近年、歯周病と全身疾患(糖尿病、肺炎、心筋梗塞など)との関係性も明らかになってきました。歯周病菌が血管の中まで入ると全身に広がり、様々な病気を引き起こします。また、早産との関係も指摘されています。身体の健康のためにも、きちんと歯周病ケアを続けていくようにしましょう。

歯周病の進み方

軽度

まずは、歯と歯茎の間にある歯周ポケットにプラークや歯石が溜まり、細菌が繁殖していきます。その結果、歯茎が炎症を起こして腫れ、場合によっては出血します。歯磨きを改善し、数回クリーニングを行えば、症状が落ち着いてくることがほとんどです。

 

中等度

出血が酷くなり、口臭も気になるようになります。お口の中を見えると歯石がたくさんついており、見えないところでは骨が溶け始めています。そのため、歯がグラグラしてくることもあります。麻酔をした状態で、歯周ポケットの奥までお掃除する必要があり、場合によっては歯茎を切って中をきれいにする処置を行うこともあります。

 

重度

歯茎は真っ赤に腫れて膿が出てきます。そして骨はかなり破壊された状態になり、支えられない歯も出てきます。歯茎を切り、歯の根元部分についている汚れをきれいにする処置が必要になります。

軽度

まずは、歯と歯茎の間にある歯周ポケットにプラークや歯石が溜まり、細菌が繁殖していきます。その結果、歯茎が炎症を起こして腫れ、場合によっては出血します。歯磨きを改善し、数回クリーニングを行えば、症状が落ち着いてくることがほとんどです。

中等度

出血が酷くなり、口臭も気になるようになります。お口の中を見えると歯石がたくさんついており、見えないところでは骨が溶け始めています。そのため、歯がグラグラしてくることもあります。麻酔をした状態で、歯周ポケットの奥までお掃除する必要があり、場合によっては歯茎を切って中をきれいにする処置を行うこともあります。

重度

歯茎は真っ赤に腫れて膿が出てきます。そして骨はかなり破壊された状態になり、支えられない歯も出てきます。歯茎を切り、歯の根元部分についている汚れをきれいにする処置が必要になります。

歯周病の治療方法

歯の表面にプラークが付着すると、やがて石灰化して石のよう固くなります。
これが歯石で、そのままにしておくと歯石の上にプラークが付いてもっと大きな歯石になってしまいます。これが歯周ポケットの中で起きると、歯周病菌が繁殖しやすい環境がどんどん作られてしまいますので、きちんと除去する必要があります。また、歯石を取り除くことで歯磨きの効果も高まります。どんなに頑張ってお手入れをしていても、歯石はどうしてもできてしまうものです。

定期的にクリーニングを受けて、いつも清潔なお口でいられるようにしましょう。

スケーリング

通常は、まずスケーリングと呼ばれる処置で、歯石を取り除きます。
歯石は固くて歯ブラシでは取れませんので、スケーラーと呼ばれる専用の器具を用いて破壊しながら取り除いていきます。また、この時プラークなどの汚れも除去します。

ルートプレーニング(SRP)

歯周ポケットの深いところにできた歯石を取り除くことを、ルートプレーニングと言います。そのままの状態で処置をすると痛みが出ますので、麻酔をしてから歯周ポケットの中のお掃除をしていきます。

薬物療法による歯周病治療

定期的なクリーニングを行うことと同時に、口腔内の菌(細菌、真菌)を減らす為に、薬の塗布、服用することで口腔環境を改善させる処置も行っています。

  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • block_tel.png