一般歯科

できるだけ痛みを感じさせない治療

歯に痛み等の症状はあるが、麻酔や処置の痛みが気になるので、歯医者さんには行きたくない。
そんなことをお考えの方も多いかと思いますが、放置しておくと虫歯が悪化して、痛みが増していきます。いしわたファミリー歯科クリニックは、痛みをできるだけ感じさせない麻酔の工夫をしていますので、安心して治療を受けていただくことができます。

麻酔注射を打つ瞬間の痛み

麻酔の針を刺す瞬間のチクっとする痛みについては、事前に歯茎に表面麻酔を塗ることで感じさせないようにしています。元々は痛みを軽減するために使用する麻酔が、逆に痛みの原因になってしまっては本末転倒です。

麻酔液を入れる時の痛み

冷たい薬や熱い薬を体内に入れると、痛みの原因となります。そのため専用のウォーマーで34~35℃の人肌に温めた麻酔液を使用しています。これによって麻酔液を注入する時の痛みはほとんど感じなくなります。

笑気麻酔

鼻から笑気を吸入していただくことで、緊張感が和らぎ、痛みも感じにくくなります。使用方法は簡単で、専用の鼻マスクを装着して、鼻から吸引していただくだけです。

歯を削る量・抜く本数は最小限に

現在は、歯を削る量はできるだけ少なくし、抜歯も可能な限り避けるようにするのが歯科のスタンダードな考え方になっています。
また、患者様の中にも「歯を削らないで欲しい」「歯を抜きたくない」とご要望される方はいらっしゃいます。

いしわたファミリー歯科クリニックでは、できるだけ歯を残す方針で治療を行っていますが、場合によっては削ったり抜いたりした方が良い場合ももちろんあります。そのため、事前に治療方針ごとのメリットやデメリットをお伝えし、納得いただいた上で治療を開始します。

当然、治療が早ければ早いほど、削る量は少なくなり、歯を抜かずに済む可能性も高くなります。少しでも歯に違和感や痛みがありましたら、早めに診察を受けるようにしましょう。

ラバーダムを使った歯の治療

歯の神経を処置する際は、お口の中の唾液が患部に入らないよう「ラバーダム」と呼ばれるシートを使用します。
これはゴム製のシートで、治療する歯だけが見える状態にして金具で固定することで、無菌状態で治療することができます。
ラバーダムはただ装着すれば良いというものではなく、本当に効果の高い使い方をするためには技術力も必要になります。

使用したい患者様がいましたらご相談下さい。

口腔外科(親知らずの抜歯、顎関節症の治療など)

口腔外科処置としては、親知らずの抜歯や顎関節症の治療、お口の中の出来物や口内炎の処置などがあります。また、外傷を負った場合には手当てをいたします。
いしわたファミリー歯科クリニックでは、恐怖心を減らすために事前にしっかりとご説明をさせていただき、必要に応じて笑気麻酔を使用します。

患者様の理解と納得感を大事にした治療を行っておりますので、気になる症状がありましたら、お気軽にご相談ください。

妊娠・出産された方へ

妊娠中は、歯肉炎になって歯茎が腫れやすい状態になります。
そのため、妊娠しましたら早めに歯のケアを始めるようにしましょう。
親御様の口腔内の環境が良くなれば、子供の虫歯防止にも繋がります。

また、ご出産後はお子様の歯について気になることがありましたら、何でもお気軽にご相談ください。特に初めてご出産された方は、赤ちゃんの歯がどのように生えてくるのか、いつまでにどのようなケアが必要なのかなど、わからないことが多いかと思います。

いつ来ていただいても、何かしらアドバイスさせていただくことはできますので、一度お早めにお越しいただければと思います。特に小学校入学前までと入学後で、予防の方法が大きく変わります。

  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • block_tel.png