審美歯科

審美歯科とは?

自分の歯の色が気になる。銀歯があるので人前で口を開けられない…。そんなお悩みをお持ちの方にお勧めなのが、審美歯科です。
審美歯科では、歯の白さや形、そして歯並びに焦点を当てており、あなたの口元を美しく仕上げます。また、いしわたファミリー歯科クリニックでは、見た目をきれいにするだけでなく噛み合わせなどの機能面も十分に考慮した処置を行っております。

審美歯科の治療には、ホワイトニングと人工歯があり、人工歯に使用する素材はたくさんの選択肢の中から選んでいただくことができます。その際は、色だけでなく他の歯の状態や顔の形、肌の色まで考慮することが重要です。もちろんドクターやスタッフがあなたにピッタリのものをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

自費治療について

歯の治療には保険が適用されますが、使用できる材料や治療の方法は限られてしまいます。
その結果、色が目立ってしまったり、治療の精度が下がったりすることもあります。一方、自費治療はそういった制限なく患者様にとって一番良いものをお選びすることができ、その結果、自然な色合いに仕上がり、治療の精度が高まって虫歯が再発しにくくなります。もちろんご予算も考慮して治療計画をお作りしますので、歯の色が気になる方は一度ご相談にいらしていただければと思います。

目立たない人工歯(詰め物・被せ物)

メタルボンドセラミック(金属裏打ちあり)

内側は金属、外側はセラミックで作られています。そのため見た目は自然に仕上げることができ、機能性の面でも優れています。特に前歯の治療で使われています。表面にセラミックを使用していますので、歯ぎしりなどがある方には適しません。

ハイブリッドセラミックス(金属裏打ちあり)

セラミックにプラスチックを混ぜた素材で、金属アレルギーの心配はありません。使用していると若干変色してくることがあります。こちらも、噛み合わせによっては適さないことがあります。

硬質レジン前装冠

お口を開けた時に正面を向くところは白い素材でできていますが、裏は金属が露出しています。数年使用していると変色してしまいます。
保険適用

フルジルコニア

金属を全く使用しないがぶせ物(金属に匹敵する耐久性あり)
透明度が少なく単一の色調となる。わずかに変色する。

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとしても有名なほど、強度と靭性に長け、耐久性や耐食性、耐熱性にも非常に優れた素材です。
また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配もなく、体にもなじみやすいというメリットもあります。
さらに、金属のかぶせ物の1/3の重さになるので、歯への負担も軽減できます。

とても優れた素材ですが、ただひとつ色調に関しては、単調な色味で透明度に欠け、年数を重ねるとわずかに変色する恐れがあります。

コンポジットレジン

以前は、歯を削ったところには金属やセラミックで形成した詰め物や被せ物をするしかありませんでした。

しかし、現在は柔らかい材料を詰めてその場で固まらせる治療ができるようになっています。その時に使用するのがコンポジットレジンで、仕上がりもきれいで目立ちません。

ポーセレンジルコニア(セラミックジルコニア)

フルジルコニアに陶材をつけ天然の歯に近い色合いを作る被せ物。
金属アレルギーがある方でも使用可能。

フルジルコニアで使用する素材に、陶材を足すことで、より天然の歯に近い色合いが出せるかぶせ物です。
色調を、天然の歯に合わせて調合できるため、見た目をより自然にすることができます。

また、金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方でも安心してご利用いただけます。

cad/cam冠(一部保険)

これまで先進医療(自費診療)だった小臼歯に被せるcad/cam冠が平成24年4月から保険適用となりました
cad/cam冠とは、cad/cam装置を用いて製作するもので、従来使用していた保険適用のプラシチック冠より強度の高い素材となります。
今回対象となる歯は、真ん中の歯から数えて4番目と5番目の歯(第一小臼歯、第二小臼歯)です。


cad/cam冠は、陶器(セラミック)とプラスチック(レンジ)を混ぜた素材なので、黄ばみや汚れが付きにくく、強度もしっかりしています。

また、従来のプラスチック冠に比べ見た目もより天然の歯と馴染み、なにより体にも優しい素材です。

費用についても、これまでcad/cam冠の使用となると35,000円程必要でしたが、今後は9,000円程で行えます。
機能性だけでなく、見た目の美しさにもこだわった治療が手軽にご利用いただけます。

【cad/cam冠のメリット】
・保険適用なので安価
・従来より本来の歯の白さに近い
・歯に力を入れた時、顎への負担も少ない
・天然の歯を削るなどの影響が少ない
・金属アレルギーの心配がない

【cad/cam冠のデメリット】
・保険適用内の治療は第一小臼歯、第二小臼歯と限られている
・白色ですが、色調が単調
・年数が経つにつれ変色します
・セラミック冠より強度が低いので、割れやすい
・負担がかかる歯には、強度面に不安あり

ホワイトニングで歯を白くする

歯に専用の薬液を塗り、光を照射して白くするのがホワイトニングです。
歯は、基本的に白い色をしていますが、食べ物や飲み物の色素が沈着したり、傷や薬で変色したりしてしまいます。これらは歯の中まで色が変わってしまいますので、歯磨きで改善することはできません。

ホワイトニングは、薬液を使って色素成分を分解し、歯の色そのものを白くすることができます。方法としては、クリニック内で行う「オフィスホワイトニング」、自宅で行う「ホームホワイトニング」、そしてこれらを併用することでさらに歯を白くする「デュアルホワイトニング」の3つがあります。どの方法が適しているかは、患者様の生活スタイルやご予算などによって変わります。

歯が変色してしまう原因

加齢

年齢を重ねていくと、歯の表面にあるエナメル質が擦れて薄くなっていき、中にある象牙質が露出してきます。これによって歯が黄色く見えるようになります。

飲食物など

コーヒー、紅茶、緑茶、カレー、醤油など、色が強い飲食物によって、歯は少しずつ変色します。また、タバコのヤニも、歯の色を悪くする原因となります。

遺伝

肌や髪の毛と同じように、歯の色も人によって少しずつ違いがあります。生まれつき歯が黄色っぽく見える方もいらっしゃいます。

ホームホワイトニング

あまり強くない薬液を使って、ご自宅で歯を白くしていくのがホームホワイトニングです。
まずは患者様の歯に合うマウスピース(トレー)をお作りして、そこに薬液を垂らして歯に装着します。毎日数時間使用すると、2週間程度で歯が白くなってきますので、その後はお好みの白さになるまで継続してご使用ください。

オフィスホワイトニング

当院で使用するオフィスホワイトニングは、通常のオフィスに比べて処置時間が短く(30分程度)、光照射を使用しないため熱をもたない手法を用いております。

今までホワイトニングの際に「時間がかかるのが、、、」と後ろ向きだった方は是非一度ご利用下さい。

加齢

年齢を重ねていくと、歯の表面にあるエナメル質が擦れて薄くなっていき、中にある象牙質が露出してきます。これによって歯が黄色く見えるようになります。

 

飲食物など

コーヒー、紅茶、緑茶、カレー、醤油など、色が強い飲食物によって、歯は少しずつ変色します。また、タバコのヤニも、歯の色を悪くする原因となります。

 

遺伝

肌や髪の毛と同じように、歯の色も人によって少しずつ違いがあります。生まれつき歯が黄色っぽく見える方もいらっしゃいます。

  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • いしわたファミリー歯科クリニックまずはお気軽にお問い合わせください 電話番号:098-988-0150 〒900-0013 お子様大歓迎 駐車場3台 沖縄県那覇市牧志2-19-9 月曜~土曜 10:00~13:00 15:00~20:00 土曜午後 14:00~17:00  休診日:日曜・祝日 ※ゆいレール「美栄橋駅」から徒歩3分 ※駐車場あり(クリニックの目の前に3台分)
  • block_tel.png